和!うつわ大好き/良質な手仕事 ★★価格は『本体価格+消費税』の税込価格を表示しています。 

作家紹介   橋本薫さん



九谷焼の作家、橋本薫さんは九谷・須田菁華氏を師にうつわの製作を習い
1985年、石川県加賀市曾宇町にてご主人の橋本俊和さんと共に独立。
曽宇窯を開かれました。
日々、山里で涼やかな川おとを聴きながら器づくりをなさっています。


    


九谷の古典的な要素を踏襲しつつも、現代の生活に馴染む優しいタッチの
絵付けには定評があり、ひとつの世界を造り上げています。

 
考慮を重ね、ひとつひとつ丁寧に作られたその器形には、日常的に使っていくと
女性らしい細やかな配慮がなされていることに気付かされ、とても使いやすい
うつわで、
長く使っていくほどに、益々その魅力には惹き付けられます。




 
また、俳句・文学・美術・演劇・料理など知識がはば広く、それらが器の上に
奥行きを与えて美しく表現されているように感じます。



     

悠々工芸フォトギャラリー■ 橋本薫さん
(Google Photo)



 

RSSATOM